とりあえずFacebookでいいね!が欲しい時は

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人アカウントで、いくら投稿をしても
いいね!してもらえないという状況は、よくあります。
投稿は頻繁にすればするほど、1投稿あたりの反応が悪くなります。
友達のニュースフィードには、重要度が高い投稿のみ表示されるので
分散すると、重要度が下がり、表示されにくくなるからです。
かと言ってひたすら「発信する必要のない投稿」だけを
続けるのも意味がありません。
もちろん、自分の日々の生活ぶりを伝えるだけが
あなたのFacebookの目的であれば、それでもいいのですが。

僕なんかは結構適当に投稿していますが
それでもネタバラシをしてしまえば
一つ一つの投稿には意味があって
意味のない投稿はほとんどしません。
たとえネガティブな投稿をしていいても
それぞれ意味があるんです。

その中には、単純にいいね!をもらうためだけに投稿しているものもあります。
もちろん、自分の近況報告も兼ねてですけど。

その目的はFacebook友達との親密度を上げるためです。
これをあげて、というかある程度キープしないと友だちのニュースフィードに
僕がほとんど登場できなくなってしまいます。

これを上げるためには、ひたすら他人の投稿に
いいね!し続けて「お返しをもらう」という手法もありますが
ぼくはいい!と思えるもの以外にいいね!したくないし
個人的に僕がそれをされるんが嫌いなのでやりません

一種のスパムですもんね、それは。

でまあ、いいね!して欲しい時(Facebook嬢での関係性をキープしたい時)は
とりあえず子供ネタか、食いものネタを投稿します。
この二つをつかっても、いいね!されるのは通常全友達の1/10程度ですね。

ですから、この分母数をある程度あげておかないと
難しいです。拡散は。

ちなみに個人の投稿は何人に表示されたかわかりませんが
だいたいの数字を把握することはできます。

おっと、この先はシークレットセミナーかな?

20121126-181023.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者プロフィール

hesatake
東京都杉並区出身。愛知学院大学文学部心理学科中退。
職種:WEBライター、書籍執筆、コンテンツマーケティング、ウェブプロモーション、All About LINE活用ガイド

●大学中退後、オイルまみれの二輪メカニックから、子供の頃から好きだった「ものを書く」仕事をするためコピーライターに転身。T専門の広告代理店ディレクターとしてBUFFALO、ブラザーなど地元IT企業の広告、販促ツールを制作。27歳で個人事務所として独立。その後はトヨタ自動車の海外向け販促ツールなどのプランナー、クリエイターとして活動。クリエイティブ以外にもデザイン専門学校講師やインターネット黎明期にセミナーの講師としても活動。●2012年春「はじめてのFacebook活用」(秀和システム)を執筆。以後執筆する書籍のテーマに関連するコンサルティング業務にも取り組む。●2012年から2015年にかけて計17冊の単行本、ムックを執筆。

 - Facebook