間違いを犯さず出版するためのたったひとつの方法

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出版

 

本を出版したい、と言う声は良く聞きますし、ぼくもずっと「憧れ」として、そういう気持ちを持っていました。

しかし実際に出版するために何をすればいいのかということは、普通はわかりません。何となく想像するのは「持ち込み」って奴ですよね。自分の作品を出版社に持ち込んで読んでもらって、うーん、ここのあたりがどうのこうの、って言われるあれです。でも、実際に出版してみてわかるのは、そんなこと一度も出版したことのない人ができるわけないんですよね。

だいたい、小説でも無い限り原稿をすべて仕上げて出版社に持っていくなんてのはナンセンスですし、ましてやそんなもの呼んでくれるほど担当者は暇じゃあないです。

もう一つの出版への道は、いわゆる「出版プロデューサー」さんに依頼する方法。でもこれ、実は非常に危険で…

え、おまえもそうじゃん、って、ぼくのことを知っている人はそう言うかも知れません。はい、そうなんですけれど、ちょっと違うんです。

ぼくの出版を実現してくれた山田さんは確かに出版プロデューサーを名乗っていますけれど、でも本当は出版プロデューサではないんです。え、よくわからない?まあ、そうですよね。そこを説明すると無茶苦茶はなしが長くなりますので。

かいつまんで説明すると、山田さんは本を作る立場の人なんですね。出版プロデューサーを名乗る人のほとんどは、著者さんであったり、「元」出版社の人であったりして、今現在、本を作っている人ではないんですよ。

ここ、実は非常に大きなポイント。

どういうことかといえば、ほとんどの出版プロデューサーは、プロデュース自体が「事業」であり、収益が必要となるのですね。だから、結構高額な「プロデュース費用」が必要です。更にいえば、それを支払ったところで、確実に出版できるかどうかも保証されない場合がほとんどです。万一確実に保証するという場合は、かなりの高額の費用が必要になるか、あるいは●●です。(すみません、ここでは言えません。鳥の名前、くらいで勘弁してください)

あるいは、希に直接出版社から本を出さないか、と言うオファーが専門家には来ないこともないです。本当に希ですが。

しかし、ぼくが見渡す限り、多くの場合そんなチャンスが巡ってきても、みなさんそのチャンスを一度限りでつぶしてしまうんです。

なぜなら、普通は出版業界のしきたりやお作法なんて知りませんから、上手な立ち回り方がわからないのです。
ぼくの見渡す限りでも、出版してから、たとえば書店周りをする際に、あーやっちゃったー、ってことしちゃう方もいらっしゃるのです。仕方ないですよね、知らないから。

ひとつ例を挙げると、もしあなたが出版して、自分の執筆した書籍がいわゆる「棚差し」になっていたらどうします?より多くの人の目に触れる「平積み」の位置に置き換えちゃいたいですよね?実際そう言うことしちゃう方もいらっしゃるのですが、実はそれはタブーだったりします。なぜなら…

おっと、この先は貴重なノウハウです。ぼくはこのノウハウを、はじめに出版したときには既に知っていたのです。なぜならぼくにはそう言うときにどうしたらいいか、聞ける人がいたからです。

このように、ちゃんと出版プロデュースをしてくれる人の元から出版するというのは、右も左もわからないまま出版しちゃうよりも、かなりのアドバンテージがあるんですね。

アドバンテージというのは、もちろん次につなげるためのももです。次、というのは次の本であり、あるいは出版によるビジネスへの落とし込みです。これは、通常は出版社から直のオファーでは学べないモノです。

どうですか?もしあなたが出版に少しでも興味があるのなら、なんとなく、ああそうか、と思う話が合ったかと思います。

ということで、前振り(笑)が長くなりましたが、山田さんの出版セミナーのお知らせです。

名古屋で12/11(木)1:30スタート。
費用は1万5千円です。

たまに誤解されているようですが、山田さんと個人的に仲良くなったところで、出版の道が開けるわけではありません。
ご本人は大きな声ではおっしゃりませんが、山田さんと出版に関する仕事(ここでいえばプロデュース)で関わるためには、このセミナーに参加することが、最低条件となります。そのため、セミナーに参加していない方が、出版の相談をしても、一切返事してもらえません(笑)

何となく心のどこかで、出版の夢を持っている方でも、このセミナーに参加すれば、出版という行為が、自分にとっての現実として、リアルに感じることができるようになることでしょう。

だって、ぼくもそうでしたから。

申込みはこちらから↓

https://www.facebook.com/events/309947745868985/

会場で、お目にかかりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者プロフィール

hesatake
東京都杉並区出身。愛知学院大学文学部心理学科中退。
職種:WEBライター、書籍執筆、コンテンツマーケティング、ウェブプロモーション、All About LINE活用ガイド

●大学中退後、オイルまみれの二輪メカニックから、子供の頃から好きだった「ものを書く」仕事をするためコピーライターに転身。T専門の広告代理店ディレクターとしてBUFFALO、ブラザーなど地元IT企業の広告、販促ツールを制作。27歳で個人事務所として独立。その後はトヨタ自動車の海外向け販促ツールなどのプランナー、クリエイターとして活動。クリエイティブ以外にもデザイン専門学校講師やインターネット黎明期にセミナーの講師としても活動。●2012年春「はじめてのFacebook活用」(秀和システム)を執筆。以後執筆する書籍のテーマに関連するコンサルティング業務にも取り組む。●2012年から2015年にかけて計17冊の単行本、ムックを執筆。

 - イベント関連